熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ
千年桜の植樹
ムサシトミヨの保護活動
青少年国際交流支援活動
海外2クラブと姉妹クラブ締結
熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ
 当クラブ名誉会員の野口白汀先生が平成19年6月27日にご逝去されました。
先生は名誉会員として卓話や数々の例会に参加して頂き、会員の皆さんと交流を深めて下さいました。
 先生は地元熊谷だけでなく我が国を代表する書家の一人として、輝かしい功績を上げられた方です。 それだけ著名な方にもかかわらず、ロータリークラブを理解し、会員の皆さんの優秀さを理解してくれて 私たちに尊敬の念さえ抱いてくれました。

 また、その気さくなお人柄で私たちみんなから愛された素晴らしい方でした。 まさに我がクラブの宝でした。

 返す返すも残念でなりませんが、先生の残してくれた思い出はこれからの我がクラブの発展のために、 貴重な財産としていつまでも残っていくと信じます。

 心より感謝と哀悼の意を込めてご冥福をお祈り致します。

H16年12月23日
第348回例会
クリスマス例会での講演
当クラブ名「熊谷南ロータリークラブ」が書かれた一筆
平成19年5月16日の10周年記念式典に向けてクラブへ送られました。
当ホームページのタイトル画像としても使われています。
1931年埼玉県生まれ。松井如流に師事。

■毎日書道会理事、東京書道会理事長、東方書道院最高会議委員などを務め、
 第53回(2001年)毎日書道展文部科学大臣賞受賞。

■日展審査員、評議員。大東文化大学名誉教授。東京大学書道研究会講師。
 著書に「漢字かな交じりの書」(NHK出版) 「古典に学ぶ 蘭亭序」(教育書道出版協会)
「日本のこころ 童謡唱歌」(教育図書) 「暮らしを彩る四季の字手紙」(可成屋)
「一茶 小さきものへの眼差し」(可成屋)他がある。
 NHKラジオ「心の時代」、NHK衛星テレビ「短歌・俳句スペシャル」などに出演。

■平成19年5月16日 熊谷南ロータリークラブ10周年記念式典で記念講演

■平成19年6月27日 急性くも膜下血腫によりご逝去
熊谷万平公園へのしだれ桜の植樹5周年を記念して建立された「千年桜」の記念碑
右がその元になった直筆
ご逝去のわずか一ヶ月余り前、10周年記念式典で元気に講演する野口白汀先生
第二部 野口白汀先生 記念講演「下手な字・うまい字・いい字」
講演の後、先生自ら会場の出席者へ、書道教室の実演を行って頂きました。
留学生達は何を書いているのかな? ベラルーシ大使も書きました
立派な字です
「いい字」とは何か
白汀先生の解説
歴代パスト会長達
思わず汗が出ます
鈴木勲二ガバナーも挑戦
真剣です
長さ四尺五寸の超長筆を
手にする吉田博三会員
当サイトは、熊谷南ロータリークラブが提供しており、無断転載・引用等はお断りします。
コンテンツの内容および当該内容の使用に起因するトラブルには責任を負いかねますので、ご了承くださいませ。
Copyright (C) 2007 Rotary Club of Kumagaya South. All Right Reserved.