熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ運営方針
熊谷南ロータリークラブ概況
ロータリー綱領・理念
熊谷南ロータリークラブ事務局案内
各委員会活動方針
今年度熊谷南ロータリークラブ組織表
熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ会長・幹事挨拶
ロータリーアンとしてエコロジーを考える
会長 棚澤 正行     幹事 渡邊 藤男
会長 棚沢正行              幹事 渡邊藤男
 ジョンケニーRI会長の「ロータリーの未来はあなたの手の中に」というテーマを考えるとこの世界不況と言われている時期に,ロータリアン一人一人が自分を,また自分の会社を見つめなおし,考えさせられるテーマと感じます。

 ポールハリスフェローの発した言葉にある様に,ロータリーの要はクラブであり,会員の減少,それによる会費の減少からくるロータリー活動への妨げ,CLPの導入を試みての少人数でのクラブの運営,予算立て,新入会員のなり手が少ない中での会員増強などなど。マイナス要素しか思い浮かばない中でのクラブを活性化し新しい試みに挑戦していかなければならない。
 まさに,会員一人一人が「ロータリーはあなたの手の中に」という言葉をかみしめてロータリアンとして活動しなければいけない時期だと思います。


 そこで,我が南クラブといたしましては,例会,各委員会活動,予算立て等で無駄を省き,できるところをスリム化したいと考えております。
 例会については,卓話の充実を図り,魅力のある講師におねがいしたいとかんがえております。また移動例会については,上場企業の会社見学や工場見学他クラブへのメークアップも企画するつもりです。
 また,RI会長の協調事項にある,「クラブに始まり,クラブに終わります」という言葉の示す通りロータリー活動の基本は自分のクラブに,すなわち熊谷南ロータリークラブにあるということを再認識しクラブとしての活動を魅力あるものにしていきたいと思います。
 加藤ガバナーのテーマである「今を大事に」ということは,「今に向き合って精いっぱい生きる」ということであり,実践しなければ成らない指名があると信じ,残された生涯のご自分へのテーマでもあるそうです。時間を無駄に過ごすことは,自分の命を捨てることと同様とまで強くおっしゃっておりました。この意味を踏まえ,この年度を成功させるべく精進していこうとかんがえております。
 会員の皆様のご協力を得て会員増強,社会奉仕,親睦等精いっぱい渡邊幹事とともに1年間務めさせて頂きたく考えております。
宜しくお願いいたします。


クラブ管理運営・会員組織
 クラブ管理運営・会員組織に関しては,親睦,出席・ニコニコ,プログラム,会員増強・会員選考・職業分類,会報・広報の各委員会をまとめていただき,IDMを行い指示をだしていただきたくかんがえております。
 親睦活動については,会員の中またはご家族の中で特技,才能を披露していただける方にお手伝いをして頂き,家族で楽しめる企画をしたいと考えております。
 特に会員増強に関しましては,30人が地区でも一つのクラブの規模の基準に成りつつあるので当クラブの会員を30人にまで増強したいと考えております。
奉仕プロジェクト
 奉仕プロジェクトに関しては,会長方針にあるお金をかけない職業奉仕,社会奉仕を検討し実行してもらいます。国際奉仕については,当南クラブが将来また,親善留学生の交換ができる体制に持っていけるようにかんがえております。社会奉仕活動として,今までの桜の植樹,ムサシトミヨの越夏調査への参加等の事業の継続,また金をかけずに社会奉仕活動という中で,献血活動への再参加,がバナーの方針にもあるこの地域の各団体との連携をした奉仕活動の具現化をしたいと考えております。
ロータリー財団・米山奨学金
 財団・米山に関しましてはチャレンジ寄付ということも踏まえ,不況の中とはいえ,ガバナーの意になるべく添える様に会員一人一人に理解を求めたいとかんがえております。
当サイトは、熊谷南ロータリークラブが提供しており、無断転載・引用等はお断りします。
コンテンツの内容および当該内容の使用に起因するトラブルには責任を負いかねますので、ご了承くださいませ。
Copyright (C) 2007 Rotary Club of Kumagaya South. All Right Reserved.