熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ運営方針
熊谷南ロータリークラブ概況
ロータリー綱領・理念
熊谷南ロータリークラブ事務局案内
各委員会活動方針
今年度熊谷南ロータリークラブ組織表
熊谷南ロータリークラブ
熊谷南ロータリークラブ会長・幹事挨拶
ロータリーアンとしてエコロジーを考える
   
会長 棚沢正行              幹事 渡邊藤男
現在、地域及び世界は大きな変革の時にきております。
豊かさや利便性を求めて、発展をとげてきた経済社会の中での環境問題、そして今まだ続く世界的な経済不況など、人類の将来を決する大きな課題を抱えながら、選択すべき道を模索している状態であります。

このような時代背景の中で、ロータリーの職業奉仕の理念が大変重要とされる今日、それらの事業活動を引き継いでいくと共に更に促進を図り、この地域において「私たちが今できる事」から始め、社会奉仕そして国際奉仕へとクラブ奉仕活動に取り組んで参りたいと考えます。

今年度、RI会長レイ・クリンギンスミス氏は『地域を育み、大陸をつなぐ』というテーマを掲げ、ロータリーの使命は地域社会を動かすことで、そのために共通の目的に向かって結束し、奉仕活動に時間と才能を捧げ、労力を捧げることが必要であると伸べておられます。そして、世界の子どもたちの育成のためにポリオ撲滅のために、世界をより良くするために、我々はロータリーの責務を高める覚悟が必要であると言われております。

西川武重郎地区ガバナーも、現代社会の人と人の絆の薄い殺伐とした世界において、白己中心的な考え方とは対極にある、人のために役立ちたいという 「ロータリーの心」を大切にした『利他の心で行動しよう』というテーマを基に地域社会に奉仕する活動を行いたいと述べております。

今年度、熊谷南ロータリークラブの運営におきましても「私たちが今できる事」の奉仕活動を、地域において「今何が必要とされているか」、今の時代において「何を求めているか」をよく見極めて、継続活動、継続事業を引き継ぎ、新たなクラブ活性化にむけて活動して参ります。

また、今年度は澤田ガバナー補佐選出クラブとして、全会員参加によるクラブ運営を目指し、更なる節目の年度、15周年に繋ぐにふさわしい年にしたいと考えますので、会員皆様のご協力をお願い申し上げます。


クラブ管理運営・会員組織
○会員増強・情報
会員増強に新たな情報委員会を設置、ロータリー情報の集約、研修リーダーによる新入会員教育の実施にて、相乗的に会員増強を図り、純増3名を目標とします。
○親睦・ニコニコ
親睦とニコニコを統合し、会員相互の親睦の充実を図りますa
○出席推進
出席を推進する新たな委員会を設置。全員参加のクラブ運営を目指します。
○プログラム
昨年度に継続して、アウトドアでの例会、卓話の充実を図り、会員の皆様が参加しやすいプログラムを企画します。 昨年度に継続して、アウトドアでの例会、卓話の充実を図り、会員の皆様が参加しやすいプログラムを企画します。
奉仕プロジェクト
○職業奉仕・社会奉仕
ロータリーの原点でもある職業奉仕を通じ.今の時代にふさわしい会員相互の情報交換を図り、職業奉仕の拡大を図ります。また、社会奉仕活動としては、継続事業であります「千年桜」の植樹を継続事業といたしますe
○国際奉仕
ポリオ・プラスへの貢献から奨学生支援まで、世界の子どもたちの育成のため協力します。
ロータリー財団・米山奨学金
○ロータリー財団
ロータリー財団の支援は、私たちロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。できる範囲で協力いたします。
○米山奨学
奨学生の世話クラブとして、会員と奨学生との積極的な交流を図り、国際交流、相互理解を深めます。
当サイトは、熊谷南ロータリークラブが提供しており、無断転載・引用等はお断りします。
コンテンツの内容および当該内容の使用に起因するトラブルには責任を負いかねますので、ご了承くださいませ。
Copyright (C) 2007 Rotary Club of Kumagaya South. All Right Reserved.